20161202

サービス提供責任者の指導・助言のポイント

老計第10号 2-0-3 相談援助、情報収集・提供

【ことばかけのポイント】~サービス提供責任者より~
生活援助については、利用者・家族から「窓ガラスを磨いてくれないか」など、いろいろな相談・要望が出てきます。介護保険制度による税金・保険料の補助を受けた訪問介護サービスには、たとえ利用者・家族が望んでも、法律上「できない」ことが定められています。

分からないことはその場で判断せず、必ずサービス提供責任者まで連絡願います。利用者・家族には、事業者(所)として説明し、了解をいただくようにします。

監修・執筆/石橋亮一先生
介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員。東京電機大学非常勤講師(介護福祉論)。特別養護老人ホームやホームヘルプサービスなどに従事後、現在は研修講師、介護認定審査会委員、東京都第三者評価員などを兼務。

イラスト/きたもり ちか

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2016年12月02日

この記事はこの号に掲載されています

老計第10号 2-0-3 相談援助、情報収集・提供

へるぱる 2016 冬号27ページに掲載

おもな特集

  • 片麻痺・リウマチ・椎体圧迫骨折・パーキンソン病 症状別の配慮ポイントで介助術を見直そう!
  • 訪問介護サービスの 必須書類 そろっていますか?
  • 訪問介護のいろはがわかる!イラストで解説! やさしい「老計第10号」[4]

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事