20161216

季節を楽しむ食のお話

ぷりぷり食感を楽しみたい カキ

牛乳のように栄養豊富で乳白色の身をしていることから「海のミルク」と呼ばれていますね。貧血予防や目の疲れ、疲労回復にも効果があるそうですよ。

冬のカキは身がぷっくりしていて、生で食べるとおいしいですよね。生カキやフライにレモンが添えてありますが、レモンと一緒に食べると栄養が吸収されやすいんですって。

イラスト/白ふくろう舎

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2016年12月16日

この記事はこの号に掲載されています

ぷりぷり食感を楽しみたい カキ

へるぱる 2016 冬号76ページに掲載

おもな特集

  • 片麻痺・リウマチ・椎体圧迫骨折・パーキンソン病 症状別の配慮ポイントで介助術を見直そう!
  • 訪問介護サービスの 必須書類 そろっていますか?
  • 訪問介護のいろはがわかる!イラストで解説! やさしい「老計第10号」[4]

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事