20170109

脱!前かがみで

腰痛にならない介助~トイレでのお尻拭き

狭いトイレでの介助でも、めんどうくさがらずにしゃがむ場所を確保して、少しでも腰に負担の少ないお尻拭きを実践しましょう。

狭い場所でもしっかりしゃがむ

  • 便座の側面に添う形で、脚を開いてしゃがむ。
  • 利用者に浅く腰掛けてもらい、拭きやすくする

ワンポイントアドバイス
体重の重い利用者の場合
体が大きいなど体重の重い利用者を介助するときは、無理せず2人体制で介助します。1人が正面から利用者の肩を支えて前に傾け、その間にもう1人がお尻を拭きます。介助者が複数いない場合は、できるだけ家族に手伝ってもらいましょう。

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年01月09日

この記事はこの号に掲載されています

腰痛にならない介助~トイレでのお尻拭き

へるぱる 2016 冬号41ページに掲載

おもな特集

  • 片麻痺・リウマチ・椎体圧迫骨折・パーキンソン病 症状別の配慮ポイントで介助術を見直そう!
  • 訪問介護サービスの 必須書類 そろっていますか?
  • 訪問介護のいろはがわかる!イラストで解説! やさしい「老計第10号」[4]

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事