20170120

疾患・症状別レシピ

糖尿病レシピ「牛肉の根菜巻き」

根菜はあえて食感を残し、よく噛むことで食べごたえのある一品に。酢で血糖値の上昇をゆるやかにします。

使った旬野菜:大根

材料(1人分)
大根…2㎝(約80g)
にんじん…1/2本(約50g)
塩…少々(0.2g)
牛薄切り肉(もも)…80g

…にんにく(チューブ)…小さじ1/2
…わさび(チューブ)…少々
…しょうゆ…大さじ1/2
…酢…小さじ1

作り方

  1. 大根、にんじんはそれぞれ皮をむいて縦長の細切りにし、塩少々をまぶして耐熱容器に入れ、ラップをふんわりかけて600Wの電子レンジで1分半加熱する。
  2. まな板に全量分の牛肉を縦に並べて広げ、手前にのにんじんと大根の各半量を均等な幅に並べて巻いたら、2等分に切る。
  3. 耐熱皿にの材料をすべて入れて混ぜ、2の牛肉を入れて転がすようにからめたら、巻き終わりを下にして、残りのにんじんと大根を周囲に散らす。
  4. にラップをふんわりかけて600Wの電子レンジで3分加熱し、あら熱が取れたらひと口大に切って器に盛る。

20170120_02

糖尿病ポイント

  • たっぷりの野菜を巻いて少量の肉をボリュームアップ
    肉の量は控えめでも、中に巻いた野菜にも肉のうまみがしみ込むので、肉をたっぷり食べたような満足感を得られます。
  • 味付けには低GI食品の酢を利用
    血糖値をゆるやかに上げる働きを持つ「低GI食品」の酢を合わせだれに加えます。さわやかな酸味で、肉の味を引き立てる効果もあります。

料理・スタイリング・栄養計算/りんひろこ

写真/伏見早織(本社写真部)

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年01月20日

この記事はこの号に掲載されています

糖尿病レシピ「牛肉の根菜巻き」

へるぱる 2016 冬号80ページに掲載

おもな特集

  • 片麻痺・リウマチ・椎体圧迫骨折・パーキンソン病 症状別の配慮ポイントで介助術を見直そう!
  • 訪問介護サービスの 必須書類 そろっていますか?
  • 訪問介護のいろはがわかる!イラストで解説! やさしい「老計第10号」[4]

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事