20170227

接遇を知ってスムースに

接遇マナーが必要とされる3つの理由

理由1 利用者の尊厳を守るため
理由2 チームワークよく働くため
理由3 スムーズな介護のため

節度あるマナーで介護をスムーズに
介護はチームケアです。ふだんは一人で行っている介護現場でも、常に事業所としての一貫性と、働く人同士の心配りがなければ円滑に進みません。職員がお互いに気持ちよく働くために接遇マナーは必要です。

また、利用者との人間関係にも作用します。節度ある適切なマナーは、介護をスムーズに行うための準備のようなものです。マナーが悪くて利用者と良好な関係が築けなければ、気持ちよくサービスを受けてもらうことができません。

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年02月27日

この記事はこの号に掲載されています

接遇マナーが必要とされる3つの理由

へるぱる 2017 春号5ページに掲載

おもな特集

  • 介護現場で必要な接遇マナーとは? 接遇を知って介護サービスをスムーズに
  • 認知症ケア[1] ホームヘルパーにできること
  • プライバシーの保護 できていますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事