20170621

頼まれたけど、やっていい?

片道10km先に魚を買いに行ってもよいですか?

かつて魚は市場で購入する習慣があった利用者さんから、片道10km離れた魚市場で新鮮な魚を買ってきてほしいと言われました。対応できますか?

A 基本的にはできませんが、魚を売っている最寄りのお店がその市場なら、仕方ないとも言えます。

【こう考えよう】
近くにスーパーがあって、そこでも希望する魚が売っているのであれば、本人のこだわりでの依頼になるので対応できません。もちろん、自費でいいから行ってほしいということならば、給付サービスの時間と明確に分けた上で自費対応する分には構いません。例えば、調理と買い物を行う場合、「10時~11時まで自費での魚市場への買い物」「11時~11時30分まで介護給付での調理」というように明確に区分します。

また、魚を売っている最寄りのお店がその市場であっても、往復の移動時間(ホームヘルパーが移動している時間)は介護保険として請求することは不適切でしょう。その部分は自費の対応が妥当です。具体的に示すと、介護給付は「自宅訪問から買い物の内容を確認して家を出発するまで」と、「魚市場に着いて買い物をする時間」「帰宅してから調理をする時間」を積算することになります。

監修・執筆/能本守康
介護福祉士、主任介護支援専門員、相談支援専門員、日本ケアマネジメント学会認定ケアマネジャー、日本介護支援専門員協会常任理事、(株)ケアファクトリー代表取締役などを務める。
著書に『Q&A 訪問介護サービスのグレーゾーン 改訂版』(ぎょうせい)などがある。

イラスト/藤原ヒロコ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年06月21日

この記事はこの号に掲載されています

片道10km先に魚を買いに行ってもよいですか?

へるぱる 2017 夏号43ページに掲載

おもな特集

  • 事例を見ながら事故の原因と対策を考えよう 事故再発防止のためにできることとは
  • 認知症ケア[2] 「利用者を知る」ができていますか?
  • ホームヘルパーに求められる 食中毒の予防

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事