「面接時、『ホームページを見て共感した』の声が!」~日本リックケアステーション編~

ホームヘルパー不足解消のための求人お役立ち情報

「面接時、『ホームページを見て共感した』の声が!」~日本リックケアステーション編~

ご回答者:日本リック株式会社  福祉介護事業本部 業務部 採用担当 永倉奈津紀さん

Q.WEBサイトのこだわりや工夫した点は?
介護に困った方が「何か」を調べようとした際にヒットするよう、様々なキーワードを想定して制作しました。初めて介護をする方が、弊社に相談したくなるよう意識しています。障害福祉サービス新規依頼のご家族様より「サイトを見て、きちんとしてそうな会社だと思った」とのお言葉を頂いたこともあります。

Q.なかでも、採用サイトで工夫した点は?
「自分が転職活動をするとしたら、どんな情報が知りたいか?」を想定して作成しました。働いている社員の写真等を用いることで、弊社の中の様子が伝わり、応募へのハードルを下げることができればと考えました。

Q.応募数は増えた?
劇的に増えたとは感じませんが、面接に来社する方の応募動機として「ホームページに○○と書いてあり、それに共感した」等を耳にします。応募前にWEBサイトが見られていることを認識します。

Q.人材確保(求人)においてWEBサイトは重要?
ほとんどの求職者が応募前・内定受理前に会社情報をインターネット検索するので、存在は大きいと思います。サイトから伝わる情報によっては、求職者が応募や内定受理を取りやめる行動にもつながりますし。流行りも変わる為、常に新しく保つのが課題です。現在、スマホからでも見やすい採用サイトに改修を検討しています。

日本リックケアステーション
http://www.rickcare.jp/

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年09月08日

この記事はこの号に掲載されています

「面接時、『ホームページを見て共感した』の声が!」~日本リックケアステーション編~

へるぱる 2017 秋号4ページに掲載

おもな特集

  • 脱!人材不足のために[1] WEBサイト作りからはじめよう!
  • 倫理・法令遵守の基本がわかる!
  • 認知症ケア[3] 「利用者家族」とどう接していますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事