20171030_01

食材がないときのお助けレシピ

火の通りにくい野菜を短時間でやわらかくしたい!

30分以内で調理することが多く、「味がしみこまない」「歯が弱い利用者さんが食べづらそう」といった声が挙がりました。

大根やにんじんは冷凍して使用
使いやすい大きさに切って、水気はふき、空気が入らないようジッパー付きの袋に入れて冷凍。使うときは、解凍せず調理します。味が早く染みこみ、煮物や汁物に向いています。2週間~1カ月は保存できますよ。
(マーチさん 訪問介護歴11年・51歳)

20171030_02

じゃがいもやかぼちゃは電子レンジで加熱してから調理
煮たり、炒めたりする前に、100gにつき約2~3分(600W)電子レンジに。ポイントは塊のまま加熱すること(じゃがいもの場合は皮付きのまま)。風味が落ちにくいです。加熱後、料理に合わせてカットします。
(聡子さん 訪問介護歴8年・47歳)

料理・栄養計算/検見㟢聡美
取材・文/佐藤ゆかり 写真/伏見早織(本社写真部)

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年10月30日

この記事はこの号に掲載されています

火の通りにくい野菜を短時間でやわらかくしたい!

へるぱる 2017 秋号98ページに掲載

おもな特集

  • 脱!人材不足のために[1] WEBサイト作りからはじめよう!
  • 倫理・法令遵守の基本がわかる!
  • 認知症ケア[3] 「利用者家族」とどう接していますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事