20170816

倫理・法令遵守の基本がわかる!

倫理・法令遵守の意識は事業所全体で養おう

断ることも、プロの責任
倫理・法令遵守は、ホームヘルパー個人では判断の難しい場面にたびたび遭遇します。迷ったときは、以下の手順で解決を図りましょう。

1 迷ったときにまず考えること

  • 法令に違反していないか?
  • 職業倫理に照らして間違っていないか?

2 それでも判断がつかないとき

  • 速やかに事業所に連絡をとり、指示を仰ぐ

どんなに利用者に頼み込まれたとしても、法令や職業倫理に反していたり、事業所の方針に反していれば、受けてはいけません。断ることもプロの責任と考えましょう。

20171106

共通の職業倫理を一緒につくっていくこと
事業所は、ホームヘルパー個人に責任を負わせることがないよう、事前にきちんと話し合い、事業所としての方針を決めておく必要があります。ホームヘルパーの皆さんも、迷ったことがあれば積極的に声をあげてください。共通の職業倫理を、一緒につくっていくことが大切です。

個人の倫理観に委ねたり、一部の声の大きい人に流されたりしないことが、ホームヘルパーや事業所、そして利用者を守ることにつながります。

監修/白井孝子
東京福祉専門学校 副校長、看護師・介護支援専門員
看護専門学校卒業後、聖路加国際病院、労働省(現厚生労働省)診療所勤務。小児病棟での終末期看護のあり方から在宅看護に興味を持つ。訪問看護業務に携わる中で、生活支援には保健・医療・福祉の連携が重要であることを体験する。その思いを形にするため、介護福祉士養成にかかわるようになる。

イラスト/坂木浩子

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年11月06日

この記事はこの号に掲載されています

倫理・法令遵守の意識は事業所全体で養おう

へるぱる 2017 秋号14ページに掲載

おもな特集

  • 脱!人材不足のために[1] WEBサイト作りからはじめよう!
  • 倫理・法令遵守の基本がわかる!
  • 認知症ケア[3] 「利用者家族」とどう接していますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事