171129_1

老計第10号の迷いを解決!

声かけは「服薬介助」に該当しますか?

利用者にお声をかけ、薬の飲み忘れがないか確認をしました。「服薬介助」に該当しますか。

声かけのみでは、「服薬介助」には該当しません。
声かけのみの場合は、「服薬確認」に当たり、老計第10号では「身体介護」「生活援助」のひとつの単独行為として取り扱われていません。「服薬介助」は、利用者が薬を飲む行為を援助することが求められています。

また、服薬確認だけをもってして報酬を算定することもできません。

服薬介助のサービス手順例

  1. 水の準備
  2. 配剤された薬をテーブルの上に出し、確認(飲み忘れないようにする)
  3. 本人が薬を飲むのを手伝う
  4. 後かたづけ、確認

監修・執筆/東京海上日動ベターライフサービス株式会社 支援・教育グループ
(内田泉、佐藤信子、福澤直美、小川以子)
「心豊かに笑顔で暮らせる社会の実現に貢献する」を理念とし「東京海上グループの総合介護事業会社」として設立されました。「お客様からの信頼」にお応えするために「品質の高い介護サービス」にこだわり、ルールに則のっとったサービス提供・サービスの質の統一と向上を担う部署として、「支援・教育グループ」を位置づけています。

イラスト/山村真代

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年11月29日

この記事はこの号に掲載されています

声かけは「服薬介助」に該当しますか?

へるぱる 2017 冬号40,45ページに掲載

おもな特集

  • 脱!人材不足のために[2] WEBサイトで職場の様子を伝えよう!
  • 正しい知識とプロの備えで感染症対策をしよう
  • 認知症ケア[4] 「困難事例」にどう対応しますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事