20180207_1

信頼が深まる接遇できていますか?

介護における接遇って何でしょう?

上の5つは、接遇における「5つの原則」と呼ばれ、サービス業全般で大切と考えられています。それは介護サービスでも変わりません。ただし、勘違いしてはいけないのは、「接遇=礼儀作法」ではないということです。

接遇は、簡単にいえばお客様に“おもてなしの気持ち”を伝える方法のことです。介護においても、利用者が安心してサービスを受け、その人らしく豊かな生活を送るために、また介護者がスムーズに介護を行ううえで重要です。

5つの原則は、そのために必要な接遇の基本となりますが、意外とできていない人が多いものです。再度確認していきましょう。

監修/濱島しのぶ
株式会社しのコーポレーション代表取締役。接遇アドバイザー。全日本空輸(ANA)株式会社客室乗務員、特別養護老人ホーム介護主任兼教育担当等を経て、2007年より現職。

文/元井朋子 イラスト/尾代ゆうこ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年02月07日

この記事はこの号に掲載されています

介護における接遇って何でしょう?

へるぱる 2018年3・4月号22ページに掲載

おもな特集

  • 初心者もベテランも見直そう! 訪問時の心得
  • 実はみんな困ってる! 大きな人の移動・移乗
  • 信頼&コミュニケーションが深まる 接遇できていますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事