20180212_01

大きな人の移動・移乗【2】起き上がり

あなたならどうしますか?
左半身に麻痺がある大きな利用者の起き上がりを担当します。ベッドの端に座ってもらう端座位(たんざい)になる介助ですが、体が大きいため、上半身を起こす際支えられるか不安があります。あなたならどうしますか?

こんなふうに考えてみましょう
仰向けからの端座位が難しい場合は、まず、長座位(ちょうざい)や側臥位(そくがい)にできるか考えてみましょう。ベッドに背上げ機能がついていれば、簡単にできます。機能がない場合でも、クッションやバスタオルを利用すれば負担を軽くすることができます。

利用者が寝ているのが背上げのできないベッドの場合
タオルとクッションを使って利用者の体を起こし、端座位にします。

 

20180212_02

1. 体位変換して、利用者の上半身にバスタオルを敷く。

20180212_03

2. 利用者の枕の下にクッションを挟み、頭を高くして側臥位にする。

20180212_04

3. バスタオルで利用者の両肩を包み、端のほうをつかんで引きながら、利用者の体を起こす。

監修/北田信一
看護師。介護支援専門員。東京都立大塚看護専門学校卒業。精神科病院病棟看護師長、看護専門学校専任教員、介護福祉士養成施設専任教員(教務課長)を経て現在、株式会社PAO 代表取締役。認知症対応型グループホーム

PAO 経堂、デイサービスPAO すがもを運営する。教員時代より日本社会事業大学介護技術講習会主任指導者を務めるなど、介護技術教育にかかわる。

イラスト/さいとうかこみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年02月12日

この記事はこの号に掲載されています

大きな人の移動・移乗【2】起き上がり

へるぱる 2018年3・4月号16,17ページに掲載

おもな特集

  • 初心者もベテランも見直そう! 訪問時の心得
  • 実はみんな困ってる! 大きな人の移動・移乗
  • 信頼&コミュニケーションが深まる 接遇できていますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事