20180323_1

サービス提供責任者がイキイキ

働きやすい事業所づくりの秘訣

居心地のよい事業所の、成り立ちの秘密を探る
日頃、多くの仕事に追われるサービス提供責任者は、なかなか気が休まる暇がありません。ちょっと相談したい。ちょっと愚痴を聞いてほしい。そう思っても、同僚も忙しく、みな自分のことで手一杯。ホームヘルパーからの相談には答えなくてはいけないのに、自分には相談相手がいないと感じている人も、多いかもしれません。自分の職場がもっと居心地のよい、互いに支え合える職場だったら。そんな思いを持つ方たちに向け、2018年度の「へるぱる」本誌では全6回のシリーズで、職場づくりのヒントを伝えていきます。

ヒントを提供してくれるのは、名付けて、“チーム日髙”。訪問介護と居宅介護支援を手がける事業所の社長・管理者である日髙淳さんと、3人のサービス提供責任者を中心としたチームです。最初に関わった訪問介護事業所で、利用者やスタッフへの管理者の対応に疑問を感じた日髙さんが、自ら事業所を立ち上げたのは2000年のこと。今では、スタッフが定着する、利用者・他職種からの信頼が厚い事業所として知られています。今回は、“チーム日髙”を作り上げていくうえで、日髙さんが大切にしてきた3つのポリシーと、その実践から生まれた5つの強みを紹介します。

 

20180323_2

事業所の3つのポリシー

  1. コミュニケーションを密にする
  2. 即断・即決・即対応
  3. 「されたくない」ことをしない

監修/日髙 淳
神奈川県横浜市で訪問介護と居宅介護支援を提供する「ステップ介護」を運営。管理者を務めつつケアマネジャーとして多くの利用者を担当。訪問介護では現場に出向き、現状把握、介護連携講師等に活用している。横浜市訪問介護連絡協議会相談役。

文/宮下公美子 イラスト/藤井 恵

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年03月23日

この記事はこの号に掲載されています

働きやすい事業所づくりの秘訣

へるぱる 2018年3・4月号58,59ページに掲載

おもな特集

  • 初心者もベテランも見直そう! 訪問時の心得
  • 実はみんな困ってる! 大きな人の移動・移乗
  • 信頼&コミュニケーションが深まる 接遇できていますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事