20180504_01

【研修】ホームヘルパーだからできる認知症ケア

ヘルパーが認知症利用者と接するポイント【2】

「サービスをしに行く」ではなく「お話をする」姿勢で
実際はサービスをするために訪問しているのですが、それを前面に出してしまうと「急に家に来て、勝手にいろんなことをする」と受け取られてしまうこともあります。信頼関係ゼロからスタートするので、まずは話をして、なじんでいくことから始めましょう。“何かをやりに来る人”では受け入れてもらえなかったときに“話をしに来る人”という姿勢で接してうまくいったケースもあります。

20180504_02

“自立支援”が基本。できることを奪わない
認知症であっても、できることはたくさんあります。備わっている能力を活かし、できることを探しながら支援しましょう。「昨日できたことが急にできなくなる」こともあるので、個別に症状と心を理解し、「できないことは要求しない。できるはずのことは奪わない」という姿勢で関わっていきましょう。

20180504_03

不可解な行動があれば理由を探り、共有する
認知症の人のケアでは、突然、いつもと違う行動に遭遇することがあります。そうした場合も、まずは慌てず落ち着いて対応しましょう。「どうしましたか?」と、やさしく声をかけてください。その後は同調し、「大変ですね」「困りましたね」と、寄り添いながら、少しずつ会話を重ねて理由を探ります。何の目的もなく、不可解な行動に出ることは基本的にありません。気づいたことを事業所に報告し、ケアマネジャーや家族にも伝えてもらい、利用者を支える全員で共有します。

監修/小沼 巧
ウエルシア介護サービス株式会社 茨城町営業所 訪問介護 サービス管理者。2014年に入社後、サービス全般に関する管理・調整、1人ひとりの思いに寄り添ったサービスの提供に努めている。

イラスト/タナカユリ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年05月04日

この記事はこの号に掲載されています

ヘルパーが認知症利用者と接するポイント【2】

へるぱる 2018年5・6月号25ページに掲載

おもな特集

  • 介護食の工夫で 食べられるものが多くなる!
  • ネット時代のプライバシー保護 個人情報を守るために
  • ホームヘルパーだからできる 認知症ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事