20180509_01

知っておきたい医療の知識

誤嚥予防の場面別注意点!~服薬~

服薬は、“液体(水やぬるま湯など)と固体(錠剤やカプセルなど)”という、形状も、食道を落ちるスピードも異なる物を、一緒に飲み込むという、高度な行為です。そのため、嚥下(えんげ)機能が低下している利用者にとって、服薬は誤嚥(ごえん)を起こしやすい場面となります。飲んだ液体が肺のほうに入ってむせてしまうほか、錠剤が喉に詰まったり、食道に薬が残ったりすると、食道粘膜を傷つけたり、窒息につながる可能性もあります。服薬介助のときには、下記の点に注意しましょう。

また、訪問時以外にも利用者は服薬の機会がありますから、食事の際の注意点同様、利用者本人や家族に服薬時の注意点を伝えることも、ホームヘルパーの大切な役割です。

薬を飲む姿勢
薬を飲むときの姿勢に注意したり、福祉用具をうまく活用することで、誤嚥を防ぐことができます。思わずクイっと顎をあげて薬を飲んでしまわないよう、利用者への声かけも大切です。

堀 美智子
薬剤師。帝京大学薬学部医薬情報室を経て、1998年医薬情報研究所/ (株) エス・アイ・シー設立に参画。現在は医薬情報部門責任者。東京・八王子「公園前薬局」店頭にも立ち、生活者の視点から医薬情報を発信している。著書に『介護職必携!お年寄りの薬おたすけブック』(メディカ出版)、『処方せん・店頭会話からの薬剤師の臨床判断』(じほう)などがある。

イラスト/みやれいこ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年05月09日

この記事はこの号に掲載されています

誤嚥予防の場面別注意点!~服薬~

へるぱる 2018年5・6月号55ページに掲載

おもな特集

  • 介護食の工夫で 食べられるものが多くなる!
  • ネット時代のプライバシー保護 個人情報を守るために
  • ホームヘルパーだからできる 認知症ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事