20180402_01

介護職の工夫で食べられるものが多くなる!

ちゃんと食べてないかも!?と思ったら、咀嚼・嚥下をチェック

実は低栄養に陥っている高齢者が非常に多く、社会問題にもなっています。食べない(食べられない)理由から、まずは探っていきましょう。

食べない(食べられない)理由で、一番多いのが実は咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の問題です。ちゃんと食べられているのか、はっきりわからないときは「噛めているか」「飲めているか」を観察しましょう。

いつまでも口にためていない?
噛むときに下あごだけが上下に動き左右に動かない、ずっと口に食べ物を含んでいるなどの様子が見られたら、きちんと噛めていない証拠です。

義歯は合っている?
合わない義歯を使い続けている人は結構います。やせて義歯が浮いてしまい、食べるときにカラカラ音がする人も。義歯を替えれば解決が見込めるので、真っ先に確認を。

食べ物や飲み物を口からこぼしていない?
噛む力や、食べ物をまとめて喉に送り込む力が低下すると、こぼれてしまいます。

他にも、むせやすい、せき込みやすい、食事時にせきやたんが多いなど、咀嚼や嚥下にトラブルがあると様々なシグナルがあります。

監修/米山久美子
認定在宅訪問管理栄養士。管理栄養士。高齢者施設、病院、人間ドックや企業での栄養指導、特定保健指導などを経て、現在は「地域栄養サポート自由が丘(居宅療養管理指導事業所)」「eatcoco(栄養ケア・ステーション)」にて、訪問栄養食事指導を中心に活動。在宅療養者に食事や栄養のアドバイスをおこなっている。

取材・文/植田晴美 イラスト/すぎやまえみこ、白ふくろう舎

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年04月02日

この記事はこの号に掲載されています

ちゃんと食べてないかも!?と思ったら、咀嚼・嚥下をチェック

へるぱる 2018年5・6月号6ページに掲載

おもな特集

  • 介護食の工夫で 食べられるものが多くなる!
  • ネット時代のプライバシー保護 個人情報を守るために
  • ホームヘルパーだからできる 認知症ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事