20180420_01

【研修】認知症ケア

ヘルパーが認知症利用者と接するポイント【1】

現場での経験をもとにした、認知症の利用者と接する際のポイントを取り上げます。具体的な対応も紹介していますので、自身のケアを振り返りながら今後のサービスに活かしてください。

何を言われても穏やかに受けとめる
認知症の人は、相手の表情や気持ちを敏感に察する傾向にあります。ですから、どんなときでも、まずは笑顔を忘れないようにしましょう。表情だけ取り繕っても本心は伝わってしまうものです。“心の中から”を意識してください。サービス中に困ったことが起きた場合も、ホームヘルパーが穏やかに接すれば、安心して落ち着いてくれることがあります。

20180420_02

利用者のペースに合わせてとにかく話を聞く
最初に信頼関係を築くことが大切です。そのためにも、少しずつ会話を重ねていきましょう。その際、利用者が言葉に詰まったり、すぐに返答しないと、「○○ということですか?」など、先走って会話を進めてしまうことがあるかもしれません。しかし、利用者からすると、自分のペースを崩され否定されたような気持ちになります。認知症の人と話す際は、基本的に聞き手にまわり、傾聴する姿勢を忘れないようにしましょう。

会話のきっかけになるキーワードを見つけよう!
表情や声かけの仕方も重要ですが、利用者には、それぞれきっかけになる言葉があるものです。「昨日、息子さんがいらしたのですか?」「お庭の盆栽、素敵ですね」など、利用者が心を開くキーワード(家族、趣味、仕事など)を出すと、その後のケアがうまくいくことが多いです。逆にマイナスに働くワードもあるので、会話を重ねて探っていきましょう。

監修/小沼 巧
ウエルシア介護サービス株式会社 茨城町営業所 訪問介護 サービス管理者。2014年に入社後、サービス全般に関する管理・調整、1人ひとりの思いに寄り添ったサービスの提供に努めている。

イラスト/タナカユリ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年04月20日

この記事はこの号に掲載されています

ヘルパーが認知症利用者と接するポイント【1】

へるぱる 2018年5・6月号24ページに掲載

おもな特集

  • 介護食の工夫で 食べられるものが多くなる!
  • ネット時代のプライバシー保護 個人情報を守るために
  • ホームヘルパーだからできる 認知症ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事