20180618_01

【研修】食中毒・感染症から利用者を守ろう

食中毒・感染症予防【2】生活の延長線上で行う

ホームヘルパーにとっては限られた時間内のことでも、利用者にとっては毎日の生活の場です。食中毒・感染症予防においても、その意識を持って取り組みましょう。

利用者の暮らしやすさを第一にできる範囲&ペースで
食中毒・感染症予防は、無理なく継続できることが大事です。「時間がないから、今日はできない」「面倒なので、やったりやらなかったり」ではなく、「その方法なら毎日できる」ことを。利用者の負担にならず、暮らしやすさを損なわない対策を提案しましょう。

20180618_02

ホームヘルパーがいない時間の生活を想像する
在宅の場合、ホームヘルパーの目や手が届く時間は、利用者の生活のごく一部。「今日、買った食べ物や飲み物は、いつどうやって食べるのか」など、自分たちがいない間のことを想像して支援することが求められます。たとえば「できるだけ早く食べてほしいものは、冷蔵庫の取り出しやすい場所に置く」など、食材の保存・保管を工夫するのも予防策のひとつです。

監修/倉井千恵
セコム医療システム株式会社 ケアサービス部課長。看護師、ケアマネージャー。1998年に入社。訪問看護、訪問介護、ケアマネジャーの実務を経て、現職。在宅介護を展開する部署で、おもに組織作り、人材の育成を担当。

文/植田晴美 イラスト/岡村奈穂美

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年06月18日

この記事はこの号に掲載されています

食中毒・感染症予防【2】生活の延長線上で行う

へるぱる 2018年7・8月号18ページに掲載

おもな特集

  • 事例から対応のポイントを知る 「クレーム」を発生させない!深刻化させない!
  • 基本の予防策にプラスして実践! 食中毒・感染症から利用者を守ろう!
  • おむつトラブル 解決は5つの視点で考える!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事