20180625_01

【研修】食中毒・感染症から利用者を守ろう

食中毒・感染症予防【3】自尊心を傷つけない

できないことを助けるのがホームヘルパーの務めですが、手助けされると「あなたにはできない」と烙印(らくいん)を押されたように感じる利用者もいます。信頼関係を損なわないよう気をつけましょう。

やっていることを否定せず反応を見ながらサポートを
整理、清潔などの感覚には個人差があります。ホームヘルパーが「ちょっと不潔かも」と思っても、利用者はその環境でこれまで暮らしてきたのです。食中毒や感染症を予防するため、そのリスクを査定する必要はありますが、「不衛生だから、捨てましょう」では、利用者は自分のそれまでの生活や価値観を否定されたように感じるかもしれません。その人の生活歴や普段の言動を参考にアプローチの仕方を考え、自尊心を守りながらケアしていきましょう。

多くの女性にとって台所は特別な場所
「長年毎日使っている台所は私の大切なお城」と感じている人は多いものです。そのお城に他人の目や手が入ることに抵抗を感じるのは当然でしょう。台所はいわば自尊心の塊のような場所。より注意を払ってください。とはいえ、食中毒を引き起こしては困ります。ですから、「食中毒が心配な季節なので、まな板を消毒しませんか」など、必要性を説明し、利用者に納得してもらうことが大事です。

監修/倉井千恵
セコム医療システム株式会社 ケアサービス部課長。看護師、ケアマネージャー。1998年に入社。訪問看護、訪問介護、ケアマネジャーの実務を経て、現職。在宅介護を展開する部署で、おもに組織作り、人材の育成を担当。

文/植田晴美 イラスト/岡村奈穂美

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年06月25日

この記事はこの号に掲載されています

食中毒・感染症予防【3】自尊心を傷つけない

へるぱる 2018年7・8月号18ページに掲載

おもな特集

  • 事例から対応のポイントを知る 「クレーム」を発生させない!深刻化させない!
  • 基本の予防策にプラスして実践! 食中毒・感染症から利用者を守ろう!
  • おむつトラブル 解決は5つの視点で考える!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事