20180704_01

手順書の実例集

サービスを“見える化”する訪問介護の手順書

手順書の大きな特徴の一つは、ケアプランや訪問介護計画書と異なり、いわゆる必須書類ではないということです。記載すべき情報が少なければ、あらためて手順書を作成することはせず、訪問介護計画書に「留意点」や「手順」の欄を設けることで十分なケースもあります。

法令上も、サービス提供責任者の責務として手順書の作成を明示しているわけではありません(ただし、[特定事業所加算]の算定には、サービス提供に当たっての留意事項を文書等の確実な方法でホームヘルパーに伝達することが要件の一つとなります)。

しかし、実際には業務の引き継ぎなどで使用されることが多いため、手順書の作成に力を入れている事業所は少なくありません。

手順書の一例と書き方のコツ
コツ1 使い方に合わせて作成する
「個人情報を隠して現場に携行する」「 必要部分のみ各自がメモする」「 すべて頭に入れて訪問する」など、手順書の使い方は事業所や現場によってさまざま。必要なフォーマットや記載する分量についても、使い方によって違いが出ることを意識しましょう。

コツ2 シンプルかつ視覚的に表現する
訪問するホームヘルパーが必ず知っておきたい要点を、簡潔にまとめるのが手順書です。箇条書きを基本としてシンプルに記載し、図やイラスト、記号なども活用しながら「 一目でわかりやすい」 書類を目指しましょう。

コツ3 必要に応じて改善していく
手順書は利用者や家族への交付義務がなく、ケアプランのように定められた書式も存在しない自由度の高い書類です。必要に応じて、自分たちが使いやすいように書類のフォーマットを積極的に改善していくとよいでしょう。

柴田範子(しばた・のりこ)
NPO 法人「楽」理事長として、小規模多機能型居宅介護「ひつじ雲」、サテライト「くじら雲」を運営する。神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会委員。元・東洋大学ライフデザイン学部准教授。『イラストでわかる介護職のためのきちんとした言葉のかけ方・話の聞き方』など、著書も多数。

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年07月04日

この記事はこの号に掲載されています

サービスを“見える化”する訪問介護の手順書

へるぱる 2018年7・8月号72ページに掲載

おもな特集

  • 事例から対応のポイントを知る 「クレーム」を発生させない!深刻化させない!
  • 基本の予防策にプラスして実践! 食中毒・感染症から利用者を守ろう!
  • おむつトラブル 解決は5つの視点で考える!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事