20180716_01

手順書の実例集

Aさん(81歳/要介護2)の通院介助手順書【後編】

(前編はこちら)

ポイント

  • 「サービスの内容と手順」と「留意事項」が仕切られていて読みやすくなっています。いつものホームヘルパーが急な休みになったようなときも、留意事項に詳細が記されていれば戸惑わずに業務を進めることができます。
  • 通院の介助については、どこまでがホームヘルパーの役割か明確にしておきましょう。病院までの往復は介護保険で賄えますが、診察に付き添うような場合は自費負担となります。老計第10号の1-3-3(通院・外出介助)をよく理解したうえで、手順書をまとめましょう。
  • たとえ短い待ち時間であっても、酸素療法を受けているAさんには常にリスクがあることを認識しておきましょう。酸素ボンベの確認と、Aさんへの目配り・声掛けを怠らず、病院の医療従事者にも協力を仰げるといいですね。
  • 在宅酸素療法を受けるAさんにとって、外出は想像以上に体力を消耗するもの。帰宅後は必ず体調チェックを行うようポイントを示しておくほか、手洗い・うがい・水分補給の促しも忘れないように記載しておきましょう。

柴田範子(しばた・のりこ)
NPO法人「楽」理事長として、小規模多機能型居宅介護「ひつじ雲」、サテライト「くじら雲」を運営する。神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会委員。元・東洋大学ライフデザイン学部准教授。『イラストでわかる介護職のためのきちんとした言葉のかけ方・話の聞き方』など、著書も多数。

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年07月16日

この記事はこの号に掲載されています

Aさん(81歳/要介護2)の通院介助手順書【後編】

へるぱる 2018年7・8月号78,79ページに掲載

おもな特集

  • 事例から対応のポイントを知る 「クレーム」を発生させない!深刻化させない!
  • 基本の予防策にプラスして実践! 食中毒・感染症から利用者を守ろう!
  • おむつトラブル 解決は5つの視点で考える!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事