20180813_01

【研修】緊急時に備えていますか?

基本となる緊急時の備え~利用者の情報と状態

介護職として、最低限おさえておきたい情報をまとめました。把握していないことがあれば、すぐに確認してください。

利用者の情報・状態を把握
そもそも利用者の情報を把握することは介護職として当然のことですが、日々のケアがスムーズに行われていると、確認を怠ったり、見落としてしまうことがあるかもしれません。でも、その一時の気の緩みが、利用者の急変につながる場合があります。少なくとも、右に挙げた内容はその都度、把握しましょう。

利用者の基本情報
氏名、年齢(生年月日)、住所、連絡先、介護度に加え、部屋の環境なども把握を。

  • 既往歴
  • 内服薬、外用薬
  • 平常時のバイタルサイン
  • かかりつけ医
  • 食事(自立or介助が必要か、食事の形態など)
  • 排泄(自立or介助が必要か、排尿・排便回数など)

など

利用者の身体状態

  • その日のバイタルサイン
  • 表情、顔色
  • 瞳孔
  • 口唇色
  • 指先、爪の状態
  • 排泄物の状態

など

監修/橋村あゆみ
特別養護老人ホーム 川口キングス・ガーデン 施設長。看護師として病院勤務を経て、専門学校で介護福祉士の教育、ケアマネジャーなどを経験。2007年より川口キングス・ガーデンにて看護主任として勤務、2014年、現職に。著書に『三訂版 緊急時の介護 ~とっさの症例判断・対応マニュアル~』などがある。

取材・文/坂口みずき イラスト/さいとうかこみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年08月13日

この記事はこの号に掲載されています

基本となる緊急時の備え~利用者の情報と状態

へるぱる 2018年9・10月号16ページに掲載

おもな特集

  • ケアマネジャー&医療職との連携を目指して! ホームヘルパーに求められる医療の知識とは?
  • 現場で慌てないために 緊急時に備えていますか?
  • “虐待”の芽を摘むために 日々のケアからできること

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事