20181003_01

【研修】事故再発防止のために

事故再発防止へ積極的に取り組もう

利用者の自宅で行う訪問介護は、利用者にとって居心地のよい環境というメリットがある一方、施設などに比べ、事故につながるリスクが多数潜んでいる場合もあります。まずは、その現状を見ていきましょう。

訪問介護ならではの事故につながりやすい要因とは?
利用者の生活に寄り添う訪問介護には、「1対1で行う」「自宅というプライベートな空間でサービスを提供する」という大きな特徴があります。しかし一方で、

  • ケアの最中に他者の目が入りにくい
  • ホームヘルパー1人で対応する必要がある
  • 介護施設などと比べ、環境上のリスクが多くなりがち

と言い換えることができ、これが事故発生の原因になってしまうこともあります。

実際、サービス提供などに関する苦情件数を集計した、上の調査※1によると、居宅介護支援に次いで、訪問介護は2番目に苦情の多いサービスとなっています。苦情件数がそのまま事故の実態を反映するわけではないものの、訪問介護の特性には事故につながりやすい側面があり、より一層の注意が必要だといえるでしょう。

これらを実現するため、事故のリスクを察知し、最小化する方法を『へるぱる2018 11・12月』の研修特集で学んでいきましょう!

監修/岩永美穂
東京海上日動ベターライフサービス株式会社 ソリューション事業部 専門部長。社会福祉士、ケアマネジャー。訪問介護、居宅介護支援を運営している同社において、ホームヘルパー、サービス提供責任者等の研修体系の構築・社内講師の育成を担当後、現在は自社で構築したノウハウをもとに、介護サービス事業者向けのセミナー講師として全国で活躍中。

取材・文/ナレッジリング(中澤仁美)

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年10月03日

この記事はこの号に掲載されています

事故再発防止へ積極的に取り組もう

へるぱる 2018年11・12月号17ページに掲載

おもな特集

  • 実例に基づいた“声かけ”で、サービス中の悩みを解決! 困ったときの対応法
  • 事故再発防止のために ~3つの視点で考える~
  • 改めて考えよう! 訪問介護に求められる口腔ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事