20181017_01

【研修】事故再発防止のために

事故&ヒヤリハットは3つの視点に注目

介護現場における事故原因は、大きく3つの視点にわけられます。具体的にどういうことなのか、訪問介護の現場に落とし込んで見ていきましょう。

介護職側のリスク
ホームヘルパーなど、実際に介護を行う者の技術や心身の状態、その日の利用者に適さない介護方法・手順、事前準備の甘さなどに起因する危険性。ケアに関する知識不足だけでなく、前回の申し送りが不足していたり、利用者への理解が不十分という場合も含む。

【例】

  • 睡眠不足で集中力が低下していた
  • 十分な声かけを行わなかった(声が小さかった)
  • 嚥下機能の低下した利用者の座位姿勢を整えず介助した
  • 事業所の緊急時マニュアルを把握しておらず、利用者の急変時、対応が遅れた

 

20181017_02

利用者側のリスク
利用者自身の特性や健康状態及び生活習慣にまつわる危険性。具体的には、ADLやIADL、疾患や怪我などの状態、認知機能、精神状態、これまでの生活歴、家庭の事情などに潜むリスクを指す。その日に服用した薬の影響なども、このリスクに分類される。

【例】

  • いつもより血圧が低い状態だった
  • 嚥下機能が以前よりも低下していた
  • 昼夜逆転の生活により、昼間うとうとしがちだった
  • パーキンソン症状があり、その日は特に小刻み歩行だった
  • 筋力の低下により、立位が保てなくなってきた

※本誌では「環境面」とあわせて3つの視点をご紹介しています。

監修/岩永美穂
東京海上日動ベターライフサービス株式会社 ソリューション事業部 専門部長。社会福祉士、ケアマネジャー。訪問介護、居宅介護支援を運営している同社において、ホームヘルパー、サービス提供責任者等の研修体系の構築・社内講師の育成を担当後、現在は自社で構築したノウハウをもとに、介護サービス事業者向けのセミナー講師として全国で活躍中。

取材・文/ナレッジリング(中澤仁美)

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年10月17日

この記事はこの号に掲載されています

事故&ヒヤリハットは3つの視点に注目

へるぱる 2018年11・12月号18ページに掲載

おもな特集

  • 実例に基づいた“声かけ”で、サービス中の悩みを解決! 困ったときの対応法
  • 事故再発防止のために ~3つの視点で考える~
  • 改めて考えよう! 訪問介護に求められる口腔ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事