20181024_01

実例に基づいた“声かけ”

【困ったケース】お風呂に入りたがらない

まず、こう考えよう!
入浴介助は“困った”に直面することが多い、難しいサービスのひとつ。まずは入りたがらない理由を探りましょう。「人前で裸になりたくない」「疲れる」「入浴しなくても清潔にしている」「浴室が寒い」など、いろいろあるはずです。焦らず原因を見つけ、ひとつひとつ解決していくことが大切です。

  • 衣服を脱いで裸になるのは、信頼できる人の前でこその行為。まずは信頼関係を築くことからはじめる。
  • 昔は1週間に1回、あるいは、1カ月に1~2回の入浴が普通だった人も。利用者の生活習慣の確認を。
  • 「お風呂は寝る前に入るもの。昼間から入るなんて」と思う気持ちを理解すること。
  • 「入浴」「お風呂」という言葉自体に抵抗感を示す場合、それ以外の言葉を使って誘導を。

うまくいった対応法

「病院に行く前にお体をきれいにしませんか」
外出やご家族などの訪問は絶好のチャンス!「さっぱりしてから、お嬢さんにお会いになりませんか?」「お孫さんが遊びにいらっしゃるので」等々。予定に合わせて入浴を勧めると、入ってくださる確率が高いです。(訪問介護歴8年・30代)

【ポイント】
大切な人に会う、自分の元気な姿を見せる、公的な場所に出かける……といった場合、身だしなみを気にする人が多いものです。高齢になっても、認知症の人でも、その心理は同じです。とはいえ、ホームヘルパーが嘘の予定を勝手に作って勧めることはやめましょう。

「今日のお湯はバラの香りです」「お風呂場も脱衣場も温かくしておきました」
「なんとなく億劫」「寒いから嫌」といった理由なら、ご本人の好きな香りの入浴剤をご家族に準備してもらったり、前もって浴室や脱衣場を温めてから声かけしています。(訪問介護歴8年・40代)

【ポイント】
利用者の好みなどを探り、環境を整えるのはとてもよい対応です。「温泉好きで、大浴場だと進んで入る」という人もいます。その場合は自宅に固執せず、デイサービスなどでの入浴を提案するとよいでしょう。

『へるぱる2018 11・12月』ではうまくいった対応法をこの他にも紹介しています。

監修/柴田範子
NPO法人「楽」理事長として、小規模多機能型居宅介護「ひつじ雲」、サテライト「くじら雲」を運営。神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会委員。元・東洋大学ライフデザイン学部准教授。『イラストでわかる介護職のためのきちんとした言葉のかけ方・話の聞き方』(成美堂出版)など、著書も多数。

取材・文/寺尾まり イラスト/さいとうかこみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年10月24日

この記事はこの号に掲載されています

【困ったケース】お風呂に入りたがらない

へるぱる 2018年11・12月号8ページに掲載

おもな特集

  • 実例に基づいた“声かけ”で、サービス中の悩みを解決! 困ったときの対応法
  • 事故再発防止のために ~3つの視点で考える~
  • 改めて考えよう! 訪問介護に求められる口腔ケア

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事