20181212_01

知っておきたい医療の知識

ホームヘルパーが知っておきたい便秘の知識

便秘とは
便秘は、一般的に排便の間隔が3、4日以上空いており、膨満感や残便感、肛門が詰まったような感覚、腹痛などの症状を伴う状態のことをいいます。便秘が続くと、不快感や圧迫感が常にあることから、食事量が減る、外出意欲が低下するなど、QOL(生活の質)全体の低下にもつながります。

20181212_02

ホームヘルパーによる気づき
便秘は、下痢などに比べて、利用者自身に自覚がなかったり、あっても我慢してしまうなど、なかなか表層化しない症状でもあります。便秘の早期改善に向け、ホームヘルパーには、利用者の変化に気づき医療職につなげる役割が求められます。

把握しておきたいポイント

  • 排便の間隔
  • 便の量
  • 残便感
  • お尻の違和感(肛門に何か詰まったような感覚がする)
  • お腹が張っている など

「食後には必ず」や「2日に1度でも満足」など、利用者によって排便状況は異なりま
す。これらの情報から利用者個人の排便リズムを知り、その人のリズムに合わせた介助を行いましょう。

ここに注意!
便秘によって便が肛門を塞いでしまい、その隙間から流れ出た便を見て、軟便(下痢便)と勘違いしてしまうケースがあります。こうした勘違いは危険です。利用者の状況を、注意深く観察しましょう。

本誌では「便秘の分類」「便秘対策の5つの視点」「服薬」など現場で役立つ医療知識をご紹介しています。

堀 美智子
薬剤師。帝京大学薬学部医薬情報室を経て、1998年医薬情報研究所/(株)エス・アイ・シー設立に参画。現在は医薬情報部門責任者。東京・八王子「公園前薬局」店頭にも立ち、生活者の視点から医薬情報を発信している。著書に『介護職必携! お年寄りの薬おたすけブック』(メディカ出版)、『処方せん・店頭会話からの薬剤師の臨床判断 』(じほう)などがある。

イラスト/みやれいこ

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2018年12月12日

この記事はこの号に掲載されています

ホームヘルパーが知っておきたい便秘の知識

へるぱる 2019年1・2月号56,59ページに掲載

おもな特集

  • これだけ読めば丸わかり! 訪問介護で押さえるべき「介護保険制度改正」
  • 介護職として 倫理・法令遵守をどう考える?
  • 認知症の人の気持ちを知ろう!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事