20190116_01

実例集[第6回]アセスメントからモニタリングまで

モニタリングシートを書く際の2つの悩み

【よくある悩み7】質問しても 『特に問題ありません』という回答しか得られません
A.モニタリングシートにある質問事項をそのまま読み上げているだけでは、相手の意見を深く聞き出すことは難しいもの。「不満はありませんか?」といった、「はい」「いいえ」だけで回答が終わりがちな質問の仕方は控えましょう。「以前と比べて、痛みにはどんな変化がありますか?」「サービスについて、もっとこうしてほしいと感じることがあったらぜひ教えてください」といったように質問の仕方を工夫することで、相手の本音を引き出しやすくなります。訪問前に、「どんなことでも遠慮なく話してください」など声かけしておくことも有効です。

20190116_02

【よくある悩み8】利用者や家族となかなかアポイントが取れません
A.長時間の話し合いは相手の負担になりますから、できるだけ利用者の体調がよいときに30分~1時間程度で実施するのが基本です。なかなか時間を取ってもらえないのは、モニタリングのもたらす効果が利用者や家族に伝わっていない可能性があります。「より的確なケアを受けられる」「自身の課題を整理できる」「心身の機能が改善した喜びを感じられる」といった、利用者や家族にとってのメリットを説明してみましょう。モニタリングの意義を理解することで、時間を割くことへ前向きになってもらえるかもしれません。

本誌ではモニタリングシートのほか、「訪問介護計画書」「手順書」等各書類の書き方のポイントをわかりやすく解説しています。

柴田範子(しばた・のりこ)
NPO法人「楽」理事長として、小規模多機能型居宅介護「ひつじ雲」、サテライト「くじら雲」を運営する。神奈川県ボランタリー活動推進基金審査会委員。元・東洋大学ライフデザイン学部准教授。『イラストでわかる介護職のためのきちんとした言葉のかけ方・話の聞き方』など、著書も多数。

イラスト/仲野ひかる

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年01月16日

この記事はこの号に掲載されています

モニタリングシートを書く際の2つの悩み

へるぱる 2019年1・2月号77ページに掲載

おもな特集

  • これだけ読めば丸わかり! 訪問介護で押さえるべき「介護保険制度改正」
  • 介護職として 倫理・法令遵守をどう考える?
  • 認知症の人の気持ちを知ろう!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事