20190125_01

サービス提供者がイキイキ

多職種との連携で大切なこと【2】わからないことは聞く

ホームヘルパーの多くが苦手と感じている医療処置が必要な利用者のケア。訪問看護の利用があるなら、わからないことは訪問看護師に確認します。「利用者のケアのために知っておきたい」といえば、忙しいなかでも対応してくれるもの。医療機器や処置について本気で学ぶ姿勢が伝われば、訪問看護師が「ここのホームヘルパーが入ってくれれば、訪問看護は週1回でOK」など、ケアマネジャーに提案してくれることも。

実践例

新規の利用者は、どんな医療機器を使用しているかを事前に把握しておきます。例えば在宅酸素療法の機械であれば、機械のどの部分に注目して正常か異常かを判断すればいいかを、訪問看護師に確認。異常があったらすぐに訪問看護師に連絡できるようにします。

監修/日髙 淳
神奈川県横浜市で訪問介護と居宅介護支援を提供する「ステップ介護」を運営。管理者を務めつつケアマネジャーとして多くの利用者を担当。訪問介護の現場での声を、現状把握、介護連携、講師等に活用している。横浜市訪問介護連絡協議会相談役。

文/宮下公美子 イラスト/藤井 恵

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年01月25日

この記事はこの号に掲載されています

多職種との連携で大切なこと【2】わからないことは聞く

へるぱる 2019年1・2月号62ページに掲載

おもな特集

  • これだけ読めば丸わかり! 訪問介護で押さえるべき「介護保険制度改正」
  • 介護職として 倫理・法令遵守をどう考える?
  • 認知症の人の気持ちを知ろう!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事