20190130_01

食材がないときのお助けレシピ

和風カルボナーラうどん

余熱で火を通した卵液がクリーミーでのどごしがいい
296kcal・塩分2.1g

材料(1人分)
卵… 1個
ほうれん草…2株
ゆでうどん…1玉
しょうゆ…大さじ1/2
おかか…1/2袋(2g)

作り方

  1. ほうれん草は2~3cm長さに切る。
  2. 鍋に湯を沸かし、とうどんを入れて、うどんがほぐれるまで一緒にゆでる。
  3. 器に卵を割りほぐし、しょうゆ、おかかと混ぜ合わせる。
  4. ゆであがった熱々のを水けをよく切ってに入れ、混ぜ合わせる。好みで、さらにおかかをふりかける。

お助けメモ

  • ゆでたうどんの余熱で卵液に火を通すため、つるんとなめらか。生卵が苦手な場合はフライパンで加熱しながら、さっと絡めて。火の通し過ぎには注意。
  • 飲み込む力が弱い人には、うどんを短く切ると食べやすい。

料理・栄養計算/岩﨑啓子
取材・文/坂口みずき 写真/伏見早織(本社写真部)

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年01月30日

この記事はこの号に掲載されています

和風カルボナーラうどん

へるぱる 2019年1・2月号105,106ページに掲載

おもな特集

  • これだけ読めば丸わかり! 訪問介護で押さえるべき「介護保険制度改正」
  • 介護職として 倫理・法令遵守をどう考える?
  • 認知症の人の気持ちを知ろう!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事