20190213_01

へるぱるカフェ

事業所でのへるぱるの活用法

研修資料をはじめ、各事業所で様々にご活用いただいている『へるぱる』。編集部に寄せられた一部を紹介します!

フリースペースの机の上に置いて自由に閲覧できるように!
お昼を食べたり、打ち合わせをしたり、誰でも自由に使える机の端に、お菓子と一緒に『へるぱる』が立ててあります。ランチしながらヘルパーさんが読むこともあれば、サービス提供責任者が書類作成に悩んだとき参考にすることも。

スタッフが悩んでいる内容が載っていたら、「読んでみたら?」と薦めています。身近な人に言われるより、本を読んで自分で得た情報の方が納得することもあるので。その上で話を聞くなど、社内コミュニケーションにも役立っています。(ウォームハート杉並/東京都)

20190213_02

お菓子、近隣マップや広報誌などと一緒に陳列。すっきり整理され、自由に持ち出し可能。

実習生の教育にも『へるぱる』が活躍
うちの事業所では、3年ほど前から実習生を受け入れています。その際、「訪問介護」を知ってもらうためのひとつのツールとしても利用しています。

写真/ウォームハート杉並 東京都

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年02月13日

この記事はこの号に掲載されています

事業所でのへるぱるの活用法

へるぱる 2019年3・4月号74ページに掲載

おもな特集

  • 利用者との コミュニケーションを見直そう!
  • 医療の現場に聞く 感染対策これが大切!
  • 利用者目線で考える プライバシーの保護とは?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事