20190308_01

事例から考えるあいまいゾーン

【事例】「寝たまま食べさせてほしい」と頼まれたら

Q 寝たきりの利用者です。「起きると疲れるので、寝たまま食べさせてほしい」という依頼は受けてもいいのでしょうか?
5年前からパーキンソン病を患っている利用者です。サービス開始当初は、歩行もでき、一部介助で自宅のお風呂での入浴もできていましたが、今では生活面のすべてが全介助状態です。

食事もベッド上でとっています。介護ベッドを起こせば座位保持は可能ですが、それすらも疲れるようで、最近では「横になったまま食べたい」と言うようになりました。

研修では「寝たままで食事介助をしてはいけない」と教わりましたが、実際、介助中につらそうな表情を見せ、半分ほど食べただけで「もういらない」と言うことがあります。このままの支援を続けてよいのか悩んでいます。

A 安全面からも、おいしく食べるためにも、起きて食事をしてもらうことが優先です。どうしても起きられないのであれば、せめて側臥位(そくがい)で対応しましょう。
利用者の状況に応じて、支援内容を検討することは必要ですが、寝たまま食事をするのは、窒息など命に関わる危険が伴います。受け入れるのは難しいでしょう。そのことを、利用者本人にもわかりやすく伝える必要があります。

本誌では食事介助の際に迷いがちな事例と対応のしかたについて詳しく解説しています。

監修・執筆/能本守康
介護福祉士、主任介護支援専門員、相談支援専門員、日本ケアマネジメント学会認定ケアマネジャー、日本介護支援専門員協会常任理事、(株)ケアファクトリー代表取締役などを務める。著書に『Q&A 訪問介護サービスのグレーゾーン 改訂版』(ぎょうせい)などがある。

イラスト/藤原ヒロコ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年03月08日

この記事はこの号に掲載されています

【事例】「寝たまま食べさせてほしい」と頼まれたら

へるぱる 2019年3・4月号52,53ページに掲載

おもな特集

  • 利用者との コミュニケーションを見直そう!
  • 医療の現場に聞く 感染対策これが大切!
  • 利用者目線で考える プライバシーの保護とは?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事