20190412_01

ケアに生かせる書類の書き方

訪問介護の5つの重要書類とは

「何を書けばよいのかわからない」と苦手意識を持たれがちな書類ですが、上手に活用すればケアの質向上にも貢献してくれます。ホームヘルパーとサービス提供責任者に関わりの深い書類に絞って学んでいきましょう。

訪問介護の重要書類はこの5つ
実際に作成する流れに沿って全体像を把握しよう
アセスメント表
[目的]利用者や家族から情報収集し、現状や課題を把握・分析する
[記載内容]ADL、IADL、疾患名、かかりつけ医、心理状態、生活環境、家族背景など
[作成のポイント]「何に困っているか」という視点で観察や聞き取りを行う

訪問介護計画書
[目的]訪問介護における目標を立て、それを実現するためのサービス内容を具体化する
[記載内容]本人や家族のニーズ、長期・短期目標、サービス内容、週間予定など
[作成のポイント]その人らしい個別性のある目標を立てる

手順書
[目的]誰が訪問しても均一なサービスが提供できるよう、流れや注意点を共有する
[記載内容]具体的なケアの方法、所要時間、利用者からの要望、必要物品の置き場など
[作成のポイント]どの利用者にも共通することは省いてシンプルに記載する

サービス提供記録
[目的]適切なケアを行っていることを公的に証明し、継続的なサービス提供につなげる
[記載内容]日付と時間、担当者、提供したサービス内容、利用者の様子など
[作成のポイント]チェック欄と自由記述欄をうまく使い分ける

モニタリングシート
[目的]1~3か月ごとを目安に利用者の現状を確認し、サービス内容を見直す
[記載内容]目標の達成度、サービスへの満足度、心身の変化、計画見直しの必要性など
[作成のポイント]以前と比べて何がどのように変化したかに着目する

本誌では書類作成の意外と知らない基本ルールやアセスメント表・訪問介護計画書・サービス提供記録の書き方を具体的に詳しく解説しています。

柴田先生から「訪問介護の書類の書き方」を直接学べるセミナーはこちら>>

監修/柴田範子
NPO法人「楽」理事長として、小規模多機能型居宅介護「ひつじ雲」、サテライト事業所「くじら雲」を運営する。神奈川県社会福祉審議会委員。元・東洋大学ライフデザイン学部准教授。『イラストでわかる介護職のためのきちんとした言葉のかけ方・話の聞き方』など、著書も多数。

関連記事

  • 意外と知らない? 書類作成の基本ルール
  • 【アセスメント表】アセスメントは常に「更新」するものと考える(5/3 公開予定)
  • 【訪問介護計画書】その人らしい長期・短期目標を立てて支援する(5/10 公開予定)
  • 【サービス提供記録】毎回の記録を継続的なケアにつなげる(5/17 公開予定)
  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年04月12日

この記事はこの号に掲載されています

訪問介護の5つの重要書類とは

へるぱる 2019年5・6月号24ページに掲載

おもな特集

  • 要介護度をあげないために 高齢者の栄養を考えよう
  • 初心とプロ意識を忘れない 「接遇」の心得
  • 読み手に伝わる、ケアに生かせる書類の書き方 例文つき

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事