20190529_01

求められる服薬の知識

食事内容によって、薬の効果にどんな影響が出るの?

食品や飲み物の中には、飲む薬との相性で避けなければならないものがあることを知っている人も多いでしょう。「グレープフルーツと降圧薬」の組み合わせなどが代表的なものですが、ほかにも「納豆とワルファリン」の組み合わせがあります。以下に、避けたほうがいい食品・飲み物と薬の組み合わせを紹介します。

グレープフルーツ、ブンタンなど×ある種の降圧薬や脂質異常症治療薬、向精神薬
薬が効きすぎてしまい、副作用が出やすくなる。降圧薬の場合は、血圧が下がりすぎてしまう。

納豆や青汁×ワルファリン(血液を固まりにくくする薬)
ワルファリンの効果が弱まるため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まる。

熟成チーズなどの発酵食品×イソニアジド(抗結核薬)
発酵食品に含まれるチラミンによって、血圧上昇や動悸などの副作用が出るおそれがある。

20190529_02

サプリメント(アミノ酸やペプチド)×ドパミン(パーキンソン病治療薬)
たんぱく質のもととなるアミノ酸やペプチドを多量摂取することで、薬が効きにくくなる。

コーヒーや紅茶×ニューキノロン系抗菌薬(一部の薬は除く)
カフェインの作用が強くなるため、イライラや不眠、吐き気、動悸などの副作用が出るおそれがある。

本誌では食欲に影響のある薬についても紹介しています。

堀 美智子
薬剤師。帝京大学薬学部医薬情報室を経て、1998年医薬情報研究所/(株)エス・アイ・シー設立に参画。現在は医薬情報部門責任者。東京・八王子「公園前薬局」店頭にも立ち、生活者の視点から医薬情報を発信している。著書に『介護職必携! お年寄りの薬おたすけブック』(メディカ出版)、『処方せん・店頭会話からの薬剤師の臨床判断』(じほう)などがある。

イラスト/佐藤加奈子

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年05月29日

この記事はこの号に掲載されています

食事内容によって、薬の効果にどんな影響が出るの?

へるぱる 2019年5・6月号60ページに掲載

おもな特集

  • 要介護度をあげないために 高齢者の栄養を考えよう
  • 初心とプロ意識を忘れない 「接遇」の心得
  • 読み手に伝わる、ケアに生かせる書類の書き方 例文つき

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事