20190605_01

早めが重要! 脱水・熱中症予防

熱中症は脱水症から起こる

高齢者は様々な要因により、脱水症、熱中症になりやすい状態にあります。重症化すると死に至る危険もあり、日頃の予防が求められています。ホームヘルパーの役割を見直し、脱水・熱中症ゼロを目指しましょう!

そもそも、脱水症と熱中症がどういった症状か知っていますか? まずは、それを押さえておきましょう。

脱水症とは?
発汗や発熱、下痢などによって体液が失われて不足したことにより、体に必要な栄養素や酸素が取り込めなくなったり、老廃物の排出が滞ったりすることで、体温コントロールができなくなるなど様々な障害が起こる状態。

熱中症とは?
体液の不足や、体温上昇で起こる障害の総称。体液の不足=脱水症の状態が続くと、これ以上の体液を喪失しないよう発汗にストップがかかる。すると、体温を下げられなくなるため、体温が上昇し、意識障害やけいれんなど様々な障害が起こる。死に至ることもある。

つまり、脱水症を予防することが、熱中症対策につながるのです。

監修/秋山正子
株式会社ケアーズ 代表取締役・白十字訪問看護ステーション 統括所長。NPO法人 白十字在宅ボランティアの会 理事長。認定NPO法人マギーズ東京 共同代表理事兼センター長。気軽に立ち寄って相談できる「暮らしの保健室」室長。「教えて!『かくれ脱水』委員会」委員などを務める。

取材・文/植田晴美 イラスト/西脇けい子

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年06月05日

この記事はこの号に掲載されています

熱中症は脱水症から起こる

へるぱる 2019年7・8月号18ページに掲載

おもな特集

  • 利用者に合った使い方、できていますか? 福祉用具を見直そう!
  • 早め早めが何より重要! 脱水・熱中症予防
  • 個別の分析が 事故再発防止につながる!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事