20190724_01

ホームヘルパー奮闘体験

ポータブルトイレを排泄場所だと理解してもらえない【1】

94歳でひとり暮らしのSさんは、認知症で要介護2の女性。ポータブルトイレを理解できず、失禁が続く日々。「トイレ」と書いた紙を貼ったり、座ってみせたり、工夫を続けますが……。

9月×日 訪問3回目
前回同様、「おしっこをしませんか」と声をかけたけど、「これはトイレではない」と動かない。「トイレですよ」とふたを開けて見せても納得してくれない。何か手立てを考えなきゃ!

9月×日 訪問7回目
“トイレ”と紙に書いて貼ったり、便座に座って見せたり、いろいろ取り組んでいるけど、うまくいかない。他にどうすれば……。

10月×日 訪問15回目
どうにか現状を変えたい! その思いから、ふと「私が本当に排泄してみよう」と、Sさんの目の前で用を足すことに。ジョ~ッという音に目を丸くしつつ、「ここでしていいのね」と納得してくれた!

解決!
実際に自分が排尿するところを見せたら納得してもらえ、ポータブルトイレを使ってくれるように。

※紹介している内容は、事実をもとに一部編集しています。
イラスト/山口まく

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年07月24日

この記事はこの号に掲載されています

ポータブルトイレを排泄場所だと理解してもらえない【1】

へるぱる 2019年7・8月号72ページに掲載

おもな特集

  • 利用者に合った使い方、できていますか? 福祉用具を見直そう!
  • 早め早めが何より重要! 脱水・熱中症予防
  • 個別の分析が 事故再発防止につながる!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事