20190726_01

ホームヘルパー奮闘体験

ポータブルトイレを排泄場所だと理解してもらえない【2】

Q どういう状況からスタートしたの?
約2年前からサービスに入っていたSさん。右腕を骨折して入院し、自宅に戻った3カ月後に1日2回の訪問が再開しました。ところが入院中に認知症が進行し、トイレの場所がわからなくなって失禁が続くように。「トイレが部屋から遠い。でも自立を考えると……」など、現状を検討した結果、ポータブルトイレを使用することになりました。

Q なぜポータブルトイレを受け入れなかったの?
Sさんの場合、排泄介助自体に抵抗はなく、尿取りパッドも、すんなり使っていました。でも、認知症により、ポータブルトイレをトイレとして認識できないようでした。「これはトイレじゃない。できないわ」と腰もかけてくれず、試行錯誤を続けました。

Q どのような工夫をしたの?
“トイレ”と大きく書いた紙を貼ったり、便座に座ったり、排泄物が溜まるバケツを見せたりしてもダメでした。あれこれと手を打って2週間。「本当にしてみよう」と思ったんです。「トイレを貸していただけますか?」と声をかけ、Sさんの目の前で、ズボンとパンツを下ろして排尿。ジョ〜ッという音やにおいに驚いたようでした。そして一言、「ここでしていいのね」と。以来、ポータブルトイレで排泄してくれるようになりました。

20190726_02

Q それからは、いつもポータブルトイレで?
はい。でも、訪問時以外の状況を把握できていなかったので、次はその解決策を探りました。担当者全員で知恵を出し合い、

  • サービス終了時には必ずトイレットペーパーの先を三角に折る
  • 尿取りパッドの数を把握・管理する

など取り組みました。Sさんは汚れたパッドや下着を枕の下などに隠すので、そっと処理し、「いつもこのトイレでおしっこをしてくださいね」と根気よく声をかけ続けて2カ月。ひとりでもポータブルトイレを使うようになり、失禁は大幅に減りました。

Q 振り返って思う、うまくいったワケは?
今回のケースでは“実際に排尿してみせたこと”です。本当に利用者一人ひとり、対応が異なることを実感しました。また、当初から、何度も繰り返し「おしっこをしませんか」と声をかけ続けたことで、排泄を習慣化できたことも大きかったと思います。

※紹介している内容は、事実をもとに一部編集しています。
イラスト/山口まく

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年07月26日

この記事はこの号に掲載されています

ポータブルトイレを排泄場所だと理解してもらえない【2】

へるぱる 2019年7・8月号73ページに掲載

おもな特集

  • 利用者に合った使い方、できていますか? 福祉用具を見直そう!
  • 早め早めが何より重要! 脱水・熱中症予防
  • 個別の分析が 事故再発防止につながる!

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事