0821

利用者起点の虐待防止

【虐待防止】適切なケアを提供する訪問介護の2つのポイント

「利用者や家族の気持ちを尊重すること」と「介護のプロとして必要なケアを提供すること」を両立するために、大切な2つのポイントを知っておきましょう。

介護職と利用者の思いにはズレがある
利用者や家族の「気持ちは大切にしたいけれど、ケアに影響が出ないかな?」と感じた人もいるでしょう。確かに、利用者や家族の思いを優先しようとすると、必要な介護サービスを提供することが難しくなってしまうケースも考えられます。

そもそも、「介護職が目指すケア」と「利用者が望むケア」の間には、ズレが生じることが多いもの。例えば、ホームヘルパーは自立支援を目指し「自力で食事を摂ってほしい」と思っているのに、利用者は「手が疲れるから食べさせてほしい」と思っているケースなどは珍しくありません。

どちらかを選ぶよりも「第三の道」を考えよう
介護職や家族と利用者の思いに異なる点があったとき、「どちらを優先しよう?」と悩んでしまうかもしれません。しかし、自立支援を目指したケアをあきらめることも、利用者の思いを無視することも、介護のプロとして望ましい態度ではないでしょう。

大切なのは、どのように対応するのがその利用者にとって最適かという、“第三の道”を考え抜くこと。簡単ではありませんが、よりよいケアへつなげるためのきっかけととらえ、前向きに考えてみましょう。

本誌では、不快に感じる5つの虐待事例や、虐待を防⽌するポイント、虐待について考えるワークショップの具体的な⽅法を紹介しています。

監修/山田祐子
日本大学文理学部社会福祉学科教授。日本高齢者虐待防止学会事務局長・理事。かながわ高齢者あんしん介護推進会議高齢者虐待防止部会委員長。社会福祉学の視点から、高齢者虐待の実践的な研究やマニュアル作成に携わる。著書に『家族介護と高齢者虐待』(一橋出版)など。

イラスト/しまだ・ひろみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年08月21日

この記事はこの号に掲載されています

【虐待防止】適切なケアを提供する訪問介護の2つのポイント

へるぱる 2019年9・10月号28ページに掲載

おもな特集

  • これで怖くない! 実地指導は慌てず迎える
  • “知らない”ではすまない 交通ルールの基本
  • 虐待防止は 「利用者の思い」を起点に

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事