0902

“知らない”ではすまない交通ルールの基本

実際に事故が起きたら…どうしたらいい︖

気をつけていたのに事故が起きてしまったときには、どうしたらいいのでしょうか。事業所によって、事故を起こしたときの取り決めがあると思いますが、基本的な流れをみていきましょう。

訪問先に向かっている途中…道路の曲がり角で、出あい頭に歩行者とぶつかってしまった!

1 まずは救急車と警察
相手がけがをしている場合、けがの具合を確認し、相手が自力で病院に行けない状態であれば救急車を呼びます。そして警察に連絡しましょう。

注意
特に頭を打ったときなどに注意が必要ですが、相手側が「大丈夫、何ともない」と言っていたとしても、後日、状態が悪化するケースもあるため、念のため、病院に行ってもらうように勧めることが大切です。また、警察への連絡・報告は、交通事故を起こしたときの義務です。この連絡を怠ると、道路交通法違反となります。

2 事業所に連絡
事業所に連絡し報告しましょう。事業所では事故対応のマニュアルにそって動きます。

3 相手側の連絡先を聞く
その後の損害賠償などに関わってくるため、聞ける状態であれば、相手側の氏名や連絡先を聞いておきましょう。

本誌では、事故対応でやってはいけないことも紹介しています。

監修/柏瀬美奈⼦
ヒューマンライフケア株式会社・⼈事部育成担当。介護福祉⼠。施設介護、通所介護、訪問介護などの職を経て、⼈材育成、資格講座の講師を担当。2013年より現職に就き、研修企画・管理の統括責任者。これから「介護」を⽬指す⼈の熱い思いを⽀え、その教育・研修を⾏うことで、地域・社会への貢献を果たしている。

イラスト/かつまたひろこ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年09月02日

この記事はこの号に掲載されています

実際に事故が起きたら…どうしたらいい︖

へるぱる 2019年9・10月号21ページに掲載

おもな特集

  • これで怖くない! 実地指導は慌てず迎える
  • “知らない”ではすまない 交通ルールの基本
  • 虐待防止は 「利用者の思い」を起点に

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事