0911_01

利⽤者起点の虐待防⽌

【虐待防⽌】ホームヘルパーが利⽤者から受ける虐待

利用者が虐待を受けるケースだけでなく、ホームヘルパーが利用者やその家族などから虐待を受ける場合についても、解決のために事業所一丸となって取り組むことが大切です。

「我慢すればいい」で終わらせるのはNG
介護現場では、利用者や家族からホームヘルパーが虐待を受けるというケースが少なからず存在します。「我慢すればいい」「このくらいはしょうがない」とみなされがちですが、利用者と同じように、ホームヘルパーの尊厳を守ることは非常に重要です。もし事態を放置すれば、被害を受けたストレスが利用者に向かったり、疲れ果てて離職につながったりする可能性もあります。

特に、利用者宅へ一人で訪れることの多いホームヘルパーについては、管理者や同僚が被害に気づくのが難しいもの。だからこそ、不快な思いや怖い思いをしたホームヘルパーが、迷わず相談できるような職場づくりが大切なのです。

0911_02

事業所として解決する課題だと考えよう
虐待の事実がわかったとき、「被害を受けた個人だけの問題」と考えたり、そのホームヘルパーを責めたりするのはやめましょう。虐待の原因が、その人だけの責任ということはあり得ません。むしろ、事業所全体で対応すべき課題としてとらえ、チームで解決を図る必要があります。

高齢者への虐待を防ぐときと同じように、ケアプランに立ち返って、さまざまな角度から議論を重ねていきましょう。また、ホームヘルパーがどのような支援を望んでいるか、事業所として把握することも大切です。

本誌では、虐待防⽌のためのコピーして使える研修ノートを掲載していますのでご活⽤ください。

監修/⼭⽥祐⼦
⽇本⼤学⽂理学部社会福祉学科教授。⽇本⾼齢者虐待防⽌学会事務局⻑・理事。かながわ⾼齢者あんしん介護推進会議⾼齢者虐待防⽌部会委員⻑。社会福祉学の視点から、⾼齢者虐待の実践的な研究やマニュアル作成に携わる。著書に『家族介護と⾼齢者虐待』(⼀橋出版)など。

イラスト/しまだ・ひろみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年09月11日

この記事はこの号に掲載されています

【虐待防⽌】ホームヘルパーが利⽤者から受ける虐待

へるぱる 2019年9・10月号34ページに掲載

おもな特集

  • これで怖くない! 実地指導は慌てず迎える
  • “知らない”ではすまない 交通ルールの基本
  • 虐待防止は 「利用者の思い」を起点に

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事