0925_01

⾼齢者の健康お助けレシピ

【夏バテ】夏バテが気になる⼈への⾷事作りの4つのポイント

1. 煮びたしを献立に加える
汁物以外に、食事で水分を摂るのにおすすめなのが“煮びたし”。さっと煮上げるだけなので、短時間で作れる点も実用的です。

2. 旬の夏野菜取り入れる
野菜は旬の時季がもっとも栄養価が高く、その時季に必要な栄養素を多く含みます。夏野菜は水分やカリウムが豊富で、体にこもった熱を取る働きが。また、夏場に不足しがちなビタミンもたっぷり! 野菜によって栄養価が異なるので、いくつか組み合わせるのがおすすめです。

0925_02

3. 電子レンジ使って温かい料理を
暑いからといって、冷たいものばかり摂るのは逆効果。体が冷えすぎると、胃腸の働きが弱まったり、体温を上げようとエネルギーを消費するため疲れてしまったりします。とはいえ、暑い時季に火を使うのはつらいもの。そんなときは、電子レンジを活用しましょう。

4. ビタミンB1アリシンと組み合わせる
豚肉、レバー、マグロ、うなぎなどに多く含まれる、夏バテ予防に欠かせないビタミンB1は、アリシンと一緒に摂ると吸収率がアップします。メイン食材としてはもちろん、薬味や隠し味に使える食材が多いので、上手に組み合わせましょう。

アリシンが豊富な食材
ねぎ、にら、玉ねぎ、にんにく、キムチなど。

本誌では、簡単に作れる煮びたしレシピや、経⼝補⽔液の作り⽅を紹介しています。

監修・料理・栄養計算/りんひろこ 写真/伏⾒早織(世界⽂化社)

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年09月25日

この記事はこの号に掲載されています

【夏バテ】夏バテが気になる⼈への⾷事作りの4つのポイント

へるぱる 2019年9・10月号99,100ページに掲載

おもな特集

  • これで怖くない! 実地指導は慌てず迎える
  • “知らない”ではすまない 交通ルールの基本
  • 虐待防止は 「利用者の思い」を起点に

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事