0930

書類の実例集

Kさん[84歳/要介護2/独居]のサービス提供記録

ポイント

  • Kさんの言葉や様子をみて、ホームヘルパーが入浴を無理に勧めない選択をしたことが読み取れます。このように、本人の言葉を「 」(かぎかっこ)でそのまま記載したり、表情や様子を描写したりするのが、よい記録を書くポイントです。
  • 「その後」が記載されておらず、飲み忘れについてホームヘルパーが行った対応がわかりません。
  • どんな経緯で飲み忘れに気づいたのか、どのように対応したのか、実際のやり取りがわかりやすく書き残されています。
  • ホームヘルパーが抱いた「ただの感想」でしかなく、内容も具体性に欠けています。
  • いつと比べて何がどう変化したのか、わかりやすく書かれています。Kさん自身の言葉があるのもいいですね。
  • ホームヘルパーが病気を診断するような記載は不適切です。また、本人や家族も目にする書類ですから、尊厳を傷つける可能性がある言葉は避けましょう。
  • 「 」(かぎかっこ)を用いて、Kさんとホームヘルパーのやり取りを具体的に記録できています。後から振り返りやすい記載ですね。

本誌では、「サービス提供記録」の他「アセスメント表」「訪問介護計画書」「⼿順書」「モニタリングシート」など、よりよいケアにつながる書類作成のポイントを実例と共に解説しています。

監修/柴⽥範⼦(しばた・のりこ)
NPO法⼈「楽」理事⻑として、⼩規模多機能型居宅介護「ひつじ雲」、サテライト事業所「くじら雲」を運営する。神奈川県社会福祉審議会委員。元・東洋⼤学ライフデザイン学部准教授。『イラストでわかる介護職のためのきちんとした⾔葉のかけ⽅・話の聞き⽅』など、著書も多数。

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年09月30日

この記事はこの号に掲載されています

Kさん[84歳/要介護2/独居]のサービス提供記録

へるぱる 2019年9・10月号86,87ページに掲載

おもな特集

  • これで怖くない! 実地指導は慌てず迎える
  • “知らない”ではすまない 交通ルールの基本
  • 虐待防止は 「利用者の思い」を起点に

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事