20191014_01

求められる倫理・法令遵守とは︖

正しい倫理観で訪問介護をおこなうために

すぐに身に付けることが難しい倫理観だからこそ、ポイントを踏まえて継続的に学んだり、振り返ったりすることが大切です。

「人によって違う」からこそ具体的に学ぼう
6つの事例についての考え方を周囲と比較するなかで、自分とまったく異なる意見が出て驚いた人もいるかもしれません。絶対的な正解がない以上、倫理的な問題への考え方に個人差が生じるのは当たり前。倫理観は、これまで置かれていた環境や、様々な経験によって異なるため、年齢や生活歴などによって大きな違いが出やすいと言えます。

だからこそ、教科書的に学ぶだけでは、正しい倫理観を伴った行動につなげるのが難しいのです。そこで「どのような行為が倫理に反するか」を具体的に知るために、たくさんの事例に触れましょう。「私はこう思ったけど、みんなと全然違う」「やっぱり同じ考えだった」など、いろいろな意見を聞くことで、倫理観を養うことができるでしょう。

20191014_02

自分から報告・相談することを忘れずに
実際の現場に出ると、思わぬ場面で対応に困ることもあるでしょう。他者の目が入りづらい訪問介護では、誰かが気付いてアドバイスするのも難しく、迷いが生じがちです。そこで大切なのが、困ったり迷ったりしたことがあったら、できるだけ早く報告・相談をすることです。

自分の行動が適切だったかどうか不安が残るときはもちろん、少しでも気になることがあれば、「今日、こんなことがあったのですが……」と事業所でサービス提供責任者などに話してみましょう。場合によっては、訪問先から事業所に連絡して判断を仰ぐことも必要です。より多くの目でひとつの出来事を検討し、指摘し合うことで、正しい倫理観に基づいたサービスを提供できます。

本誌では、ホームヘルパーに求められる倫理観について事例を通して考えるための資料や、考え⽅のヒントも紹介しています。

監修/⼭⽥ 滋
株式会社安全な介護 代表取締役。おもにリスクマネジメントをテーマに、年間150回のセミナーをおこなう。『完全図解 介護リスクマネジメント』(講談社)など、著書も多数。

取材・⽂/ナレッジリング(中澤仁美) イラスト/⻫藤かこみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2019年10月14日

この記事はこの号に掲載されています

正しい倫理観で訪問介護をおこなうために

へるぱる 2019年11・12月号33ページに掲載

おもな特集

  • 利用者・家族からの ハラスメントにどう向き合う?
  • 不安を安心に変える 認知症ケア
  • ホームヘルパーに求められる 倫理・法令遵守とは?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事