20200113_01

⼝腔ケアで利⽤者の健康をサポート

⻭周病は全⾝の健康を脅かす“病気”

口腔ケアを学ぶうえで、必ず頭に入れておいてほしいのが歯周病です。歯を失う大きな原因になっているにもかかわらず、一般的に危機感が薄い傾向にあります。

インフルエンザや麻疹(はしか)と同じ“感染症”なのにナゼ?
「食べ物がうまく噛めない」「口臭が気になる」「歯磨きをすると血が出る」「口の中が乾く」「話しにくい」など、高齢になると様々な口腔内の悩みを抱えがち。こうした症状の多くに歯周病が関わっています。

歯周病は何歳でも発症しますが、年齢が高くなるほど患者数が増加し、「中高年の8割以上が歯周病」と言われています。そのため、「年を取れば、誰でもかかる」と軽く考えている人が多いのが実情。でも、歯周病も“感染症”の一種です。放置すると全身の様々な病気のリスクが高まります。

歯周病が関係する病気(一例)

  • 動脈硬化
  • 狭心症・心筋梗塞
  • 認知症
  • 肺炎
  • 心内膜炎
  • 糖尿病

歯周病=歯茎に常に炎症が起こっている状態
歯周病菌によって歯茎に炎症が起こると、歯茎にジュクジュクの潰瘍ができます。歯周病菌や炎症によって作られた物質は血液にのって全身を巡り、様々な病気の発症に影響します。

口の中の歯周病菌を減らすことが、全身の病気のリスクを下げ、健康寿命を延ばすことにつながります。

本誌では、⻭周病が関係する病気の⼀例について解説しています。

監修/城 明妙(しろ あけみ)
⻭科衛⽣⼠。デンタルサポート株式会社 ⻭科事業部ヘルスケア課。⻭科医院に勤めた後、⾼齢者・要介護者の在宅・施設・病院等での訪問⼝腔ケアなどに従事。現在はその経験を活かし、幅広い世代や⻭科衛⽣⼠養成学校での講師、多職種に向けた⼝腔保健セミナーを担当。

イラスト/⽯⼭綾⼦

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2020年01月13日

この記事はこの号に掲載されています

⻭周病は全⾝の健康を脅かす“病気”

へるぱる 2020年1・2月号30ページに掲載

おもな特集

  • ホームヘルパーにできる 看取りケアって何だろう?
  • 脳卒中かそうでないかを意識! 緊急時対応
  • 歯磨きだけじゃない! 口腔ケアで利用者の健康をサポート

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事