20200316_01

改めて考えよう

訪問介護における自立支援

利用者を本当の意味で「自立支援」するためには、「利用者の可能性」に目を向けて支援する必要があります。

<本人にとっての自立>
夫の誕生日にケーキを作りたい
脳梗塞によって、退院後、座位を保つのが難しい利用者。しかし、本人の望みは、以前のようにケーキを作りたい、ということでした。そこで。。。

座位保持のリハビリテーションをはじめ、調理作業の介助、安全に調理ができる環境整備など「できること、できそうなこと、できるようになること」への支援を実施。本人の希望によりケーキ作りという目標はご主人には内緒に。

20200316_02

一年後、支援を受けながらのケーキ作りをすることができました。本人にとっての自立がなされた例と言えます。

監修/松川竜也
一般社団法人神奈川県介護支援専門員協会 副理事長、沖縄県子ども生活福祉部高齢者福祉介護課統括アドバイザー、ツツイグループ医療法人徳寿会顧問。これまで厚生労働省老人保健健康増進等事業における委員や平成27年度改正に伴う介護支援専門員研修実務・専門・主任課程のカリキュラム策定などに携わる。

イラスト/しまだ・ひろみ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2020年03月16日

この記事はこの号に掲載されています

訪問介護における自立支援

へるぱる 2020年3・4月号24, 27ページに掲載

おもな特集

  • 離職率が減って、定着率UPにもつながる! 訪問介護職のメンタルケア
  • できることを奪わない! 認知症の人への介助のポイント
  • 改めて考えよう 訪問介護における自立支援

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事