20200323_01

頼まれたけど、これはやっていいこと?

【事例】就寝介助の際、眠りにつくまで見守りは可能?

Q 不安神経症のため、就寝介助の際、眠りにつくまでそばで見守ってほしいと頼まれました。問題ないでしょうか?

A 精神的な理由などにより、医師の指示があれば可能です。
ただ単に「寂しいからそばにいてほしい」という理由では不適切ですが、医師が対応を求めれば可能だと考えられます。

監修・執筆/能本守康
介護福祉士、主任介護支援専門員、相談支援専門員、日本ケアマネジメント学会認定ケアマネジャー、日本介護支援専門員協会常任理事、(株)ケアファクトリー代表取締役などを務める。著書に『Q&A 訪問介護サービスのグレーゾーン第3次改訂版』(ぎょうせい)などがある。

イラスト/藤原ヒロコ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2020年03月23日

この記事はこの号に掲載されています

【事例】就寝介助の際、眠りにつくまで見守りは可能?

へるぱる 2020年3・4月号54, 60, 61ページに掲載

おもな特集

  • 離職率が減って、定着率UPにもつながる! 訪問介護職のメンタルケア
  • できることを奪わない! 認知症の人への介助のポイント
  • 改めて考えよう 訪問介護における自立支援

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事