20200416_01

調査からわかった!

「事故再発防止」訪問介護に多い事故ケースとは?①

訪問介護の場合、施設と異なり、利用者の自宅環境は一人ひとり異なります。ホームヘルパーは、そうした慣れない環境の中で介助をおこなう必要があり、それが財物事故の多さにつながっています。

なかでも圧倒的に多いのが掃除中です。また入浴や洗濯などの水まわり関連の事故は、床が水浸しになるなど被害が大きくなるケースもみられます。

掃除機をぶつけて、障子を破いてしまった!
周りを確認せずに、自宅の感覚で掃除機をかけた結果、勢いあまって障子やふすま、壁、家具などにぶつけて傷つけてしまう。

本誌では、訪問介護に多い「財物事故」を起こさないための取り組みを4つのポイントに絞って紹介しています。

監修/公益財団法人 介護労働安定センター
介護労働者の雇用管理の改善、能力の開発・向上、その他の福祉の向上を図るための総合的支援機関として1992(平成4)年に設立。介護労働者法の指定法人として現在に至る。2000(平成12)年度からは、介護保険制度の施行に伴い、介護事業者を含む介護分野全般に対する支援事業を実施している。

イラスト/さいとうかこみ

関連記事

  • 「事故再発防止」訪問介護に多い事故ケースとは?②(5/18 公開予定)
  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2020年04月16日

この記事はこの号に掲載されています

「事故再発防止」訪問介護に多い事故ケースとは?①

へるぱる 2020年5・6月号32, 34ページに掲載

おもな特集

  • 参加率を上げたい! 興味を持てる内容にしたい! 事業所内研修どうしてる?
  • 自信を持ってできていますか? 言葉のかけ方、話の聞き方から 接遇を見直そう!
  • 調査からわかった! 事故再発防止 訪問介護に多い事故ケースとは?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事