20200504_01

ホームヘルパーに求められる

服薬の知識 第8回「座薬・吸入薬の正しい使い方」

薬に関しては、「プロの介護職として知っておくべきことは何なのか」が、そもそもわかりづらいと感じる方が多いかもしれません。『へるぱる』では、利用者の最も身近な存在としてホームヘルパーが知っておきたい知識をお届けします。

今回、取り上げる坐薬と吸入薬は、これまで自分で使った経験がないという人も多いかもしれません。しかし、いずれの薬も高齢の利用者が使っているケースはよくみられます。

特に、坐薬は突然の高熱やけいれん、吸入薬は喘息発作など、緊急を要する場面での使用が想定されます。また肛門からの坐薬挿入は、介護職もおこなえる行為とされています。

本誌では、<基礎知識> <使い方> <保管方法>に分けて、薬を使用する際に知っておきたいことをわかりやすく解説していきます。

堀 美智子
薬剤師。帝京大学薬学部医薬情報室を経て、1998年医薬情報研究所/(株)エス・アイ・シー設立に参画。現在は医薬情報部門責任者。東京・八王子「公園前薬局」店頭にも立ち、生活者の視点から医薬情報を発信している。著書に『介護職必携! お年寄りの薬おたすけブック』(メディカ出版)、『処方せん・店頭会話からの薬剤師の臨床判断 』(じほう)などがある。

イラスト/佐藤加奈子

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2020年05月04日

この記事はこの号に掲載されています

服薬の知識 第8回「座薬・吸入薬の正しい使い方」

へるぱる 2020年5・6月号70ページに掲載

おもな特集

  • 参加率を上げたい! 興味を持てる内容にしたい! 事業所内研修どうしてる?
  • 自信を持ってできていますか? 言葉のかけ方、話の聞き方から 接遇を見直そう!
  • 調査からわかった! 事故再発防止 訪問介護に多い事故ケースとは?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事