訪問介護に役立つ!研修資料に使える!へるぱる

利用者がよく使う薬の知識Q&A<抗ウイルス薬>

記事

  • 事業所内研修
  • 抗ウイルス薬
  • 服薬
  • 研修
利用者がよく使う薬の知識Q&A<抗ウイルス薬>

ホームヘルパーのケアのひとつに「服薬介助」がありますが、薬のことを勉強する機会はなかなかありません。
医療職ではないので、薬学的な専門知識まではもつ必要はありませんが、医療との連携のためにもポイントを知っておきたいこともありますね。
この連載では、利用者がよく使う薬や病気の情報をQ&A形式で紹介します。

『へるぱる 2024 3・4月』で取り上げるのは「抗ウイルス薬」。
抗菌薬・抗生物質・抗ウイルス薬、の違いについて、理解しているでしょうか? へるぱるでは、混同されがちなこの薬の違いを、わかりやすく解説します。

  • そもそも抗ウイルス薬ってなんだろう?
  • ウイルスを原因とする病気にはどんなものがあるの?
  • エタノール消毒薬は、ウイルスすべてに効果があるの?

といった疑問にわかりやすく答えていきます。誌面では他にも、高齢者に多くみられる、ウイルスによる疾患の特徴や、ケアする際の注意点も解説。コロナ禍でウイルスについて詳しくなったと思う方も、改めて確認してみてください。次号『へるぱる 2024 5・6月』では、<抗菌薬>について取り上げる予定です。

監修/堀美智子
薬剤師。帝京大学薬学部医薬情報室を経て、1998年医薬情報研究所/(株)エス・アイ・シー設立に参画。現在は医薬情報部門責任者。東京・八王子「公園前薬局」店頭にも立ち、生活者の視点から医薬情報を発信している。著書に『介護職必携! お年寄りの薬おたすけブック』(メディカ出版)、『処方せん・店頭会話からの薬剤師の臨床判断』(じほう)などがある。

 

イラスト/佐藤加奈子

この記事は『へるぱる 2024年3・4月号』に掲載されています

長年続く介護業界の「人手不足」。解消するには「採用」そして「離職を防ぐこと」が肝要です。『へるぱる 2024 3・4月』では、今働いている人のやりがいとモチベーションを高め離職を防ぐ取り組みを実際におこなっている事業所を複数取材し、実例をご紹介します。参考にできるポイント満載です。
研修テーマは①低栄養と誤嚥の予防 ②「接遇」傾聴を中心に考える、と、注目度の高いテーマ2本。その他にも、あいまいゾーン、介助術、料理レシピ、ホームヘルパー奮闘体験、老計第10号、書類の書き方、など現場で役立つ記事満載でお届けします。

 

発売日 2024年2月1日 定価2,090円(本体1,900円+税10%)

へるぱる2024年3・4月号

特集内容

巻頭特集

人手不足の今だから

「ここで働きたい」と思える職場づくり

研修特集1

高齢者の食と栄養の関係を改めて考えよう

低栄養と誤嚥の予防

研修特集2

「接遇」はなぜ大切か

傾聴を中心に考える

  • 〈体験談〉みんなの事業所どうしてる?
  • 福祉用具を使った 1人ひとりの介助術[第7回]
  • 〇×で読み解く! 老計第10号[第7回]
  • 法令等で割り切れないテーマもお助け
    あいまいゾーン
  • ホームヘルパー奮闘体験
  • 薬の知識Q&A[第4回]
  • 介護保険制度をはじめ気になる話題をお届け!
    知っとこ! 介護ニュース
  • 愛すべきヘルパーな日々
  • 実例から考える
    訪問介護の書類の書き方
  • バックナンバー販売店リスト
  • キラキラ へる★ぱる
  • へるぱるPICK UP
  • 野菜を使い切る! 高齢者が食べやすい時短レシピ
  • 日頃の感謝をこめてプレゼント
  • アンケートハガキの回答でQUOカードプレゼント!
年間購読はコチラから
紙版を買う
  • Amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
デジタル版を買う
  • 書店によってはお取り扱いが無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • デジタル版は紙の雑誌と内容が異なる場合や掲載されないページがある場合がございます。また、印刷はできません。あらかじめご了承ください。
お知らせ/新着記事一覧