20170717

頼まれたけど、やっていい?

食料品を買うついでに、雑誌を購入できますか?

スーパーで食料品を買うついでに、その日に発売する雑誌を買ってきてほしいと頼まれました。買ってもよいでしょうか?

A 雑誌を買うことは原則として不適切です。

【こう考えよう】
雑誌は余暇に関する物ですので、介護保険での買い物の対応には適さないと判断できます。例えば雑誌を買うことを目的に書店に行くとなると、明らかに不適切です。また、スーパーなどの途中に書店に寄ることも不適切です。しかし、雑誌はスーパーにも売っています。食料品を買うついでにカゴに入れた時間を削っても給付算定の時間は変わりませんね。ただし、雑誌を買うことが目的の買い物は不適切ですので、あくまでも“ついで”の対応になります。

気をつけたいのは、「仏壇に供える花を買ってきて!」「お酒を買ってきて!」「たばこを買ってきて!」などと、際限なく“ついで”が広がってしまうことです。そう考えると、原則としては“ついで”を認めず、適正な品目のみの買い物支援とした方が、混乱を防げますね。

監修・執筆/能本守康
介護福祉士、主任介護支援専門員、相談支援専門員、日本ケアマネジメント学会認定ケアマネジャー、日本介護支援専門員協会常任理事、(株)ケアファクトリー代表取締役などを務める。
著書に『Q&A 訪問介護サービスのグレーゾーン 改訂版』(ぎょうせい)などがある。

イラスト/藤原ヒロコ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年07月17日

この記事はこの号に掲載されています

食料品を買うついでに、雑誌を購入できますか?

へるぱる 2017 夏号44ページに掲載

おもな特集

  • 事例を見ながら事故の原因と対策を考えよう 事故再発防止のためにできることとは
  • 認知症ケア[2] 「利用者を知る」ができていますか?
  • ホームヘルパーに求められる 食中毒の予防

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事