20170906

頼まれたけど、やっていい?

猫の毛や尿で部屋が汚れている場合、掃除できますか?

利用者が猫を飼っており、家族同然と言っています。その気持ちは尊重していますが、利用者が過ごす居室は猫の毛や尿で汚れています。掃除してもよいですか?

A 居室であれば掃除は可能ですが、「本人の療養環境の維持」という目的が重要です。

【こう考えよう】
掃除の目的が猫の毛や尿の処理であれば、不適切と判断されます。また、その部屋に猫がいなければ、そこまで頻繁に掃除をする必要がない状況ならば不適切といえます。

そうではなく、猫がいてもいなくても、例えば「週2回の掃除は必要」という判断であれば、掃除自体は適切です。ただし、猫の毛を念入りに片づけたり、猫の尿を特別な洗剤で拭くなどは適切ではありません。あくまでも一般的な方法(掃除機や拭き掃除など)で対応することになります。

カーペットが尿で湿っていても、せいぜい新聞紙をかぶせる程度でしょう。それ以上の対応を求めている場合は、自費サービスになることを伝えます。

監修・執筆/能本守康
介護福祉士、主任介護支援専門員、相談支援専門員、日本ケアマネジメント学会認定ケアマネジャー、日本介護支援専門員協会常任理事、(株)ケアファクトリー代表取締役などを務める。著書に『Q&A 訪問介護サービスのグレーゾーン 改訂版』(ぎょうせい)などがある。

イラスト/藤原ヒロコ

関連記事

  • URLをメールで送る
  • このページを印刷する
  • 2017年09月06日

この記事はこの号に掲載されています

猫の毛や尿で部屋が汚れている場合、掃除できますか?

へるぱる 2017 秋号47ページに掲載

おもな特集

  • 脱!人材不足のために[1] WEBサイト作りからはじめよう!
  • 倫理・法令遵守の基本がわかる!
  • 認知症ケア[3] 「利用者家族」とどう接していますか?

ほか

いま、困っているのは…

いま、人気の記事